日本における童話


日本にも古くから、童話は存在します。ただ、海外の童話の様な「華やかなお姫様」が出てくるものは少なく、動物や鬼などのでてくる、教訓性の強いお話が多いようです。
一寸法師に桃太郎、カチカチ山や舌切り雀、はなさかじいさん、こぶとりじいさんなどなど、日本の童話もかなり子供には怖い話が多いのが特徴です。また、一時期日本でもこれらの話を総称して童話と呼んでいた時期があった様ですが、明治時代以降お伽話として本が出版されたり、お伽話のお話し会が催されたこと、さらにお伽話の「おとぎ」とは夜寝る時のことを指しており、子供を寝かしつける時に親が枕もとで話してあげるお話が多いため、その呼び名が定着したと思われます。

童話やおとぎ話とは子供にわかりやすく、やってはいけないことや心の持ち様、正しい人の様について理解させるために語り継がれたものと理解することが適当なようです。
ただ最近のおとぎ話は、原文に忠実か?と言われるとそうではなく、残酷な場面を個々に改編し、紹介している場合も少なくありません。